« 『アリオ亀有』 | トップページ | 『第九回よさこい佐世保祭』 »

『内堀醸造』

061024_utibori南アルプスの麓にひろがる長野県飯島町。
ここに新しい工場ができた。
岐阜県八百津町に本社がある酢のメーカー、内堀醸造の最新鋭工場である。
敷地面積52000平方メートルに50億円を投じて建設した新工場は、これまでの本社工場の生産量の四倍の生産能力を持つ。
アルブスの麓の天然水の良さがこの地に工場を設立する決め手となった。巨大なタンクの中で酒造りから酢の醸造工程、検査まですべてコンピュータ管理で20人ほどのスタッフで運営することができる。操業130年という老舗会社は、経済低迷に加えて、少子化高齢化が顕著になるという特に食品メーカーにとっては逆風が吹く中にあって、この10年間で売上げを5倍近くに伸ばすという急成長を遂げている。
もともとこの会社は、マヨネーズなどの原料の酢を生産することを主たる業務としてきた。
それが10年ほど前から原料や製法にこだわった「美濃の特選酢シリーズ」などを百貨店や高級グルメスーパーなどから展開はじめ、量から質へと購買動機が変わりつつあった好感度消費者の心をとらえることに成功した。
また5年前からは百貨店の食品売場に「オークスハート」という直前消費者に販売する店を出店、これがあたりいまや全国11地区に出店エリアを拡大するに至っている。
さらに店頭でタキシード姿で銀のトレイを持ちカクテルグラスで新しい飲料としての酢を紹介する名付けて「酢ムリエ」が登場、いまやテレビや雑誌で全国に紹介されるまでになっている。

重要なことは、品質に努めてきたというこの会社の姿勢は売上が急伸したここ数年に始まったことではないということだ。
130年の老舗は品質、つまり理科はそれほど変わったわけではない、ではなぜ売り上げは五倍になったのか? 私は理科に社会科を加えたことに理由があると思う。
社会科とはなにか? それは顧客目線の提案をしたということだ。自ら店をもち、お客さんに誉められたり叱られたりすることからどうやって訴求すればお客さんが納得して買ってくれるのか肌で感じる会社になったことが急成長の根底にある。もし原料供給メーカーに留まっていたならば、お客さんとは食品メーカーのことであり最終消費者にオシャレに酢を売るという発想にはならなかったはずだ。
理科だけでうれないと歎かず社会科を磨くべきである。

|