« 『マリンビューのショッピングセンター』 | トップページ | 『ラゾーナ川崎』 »

『顧客満足NO.1、新生銀行』

Dvc061002_sinseiginko旧長銀から出発した新生銀行が経済雑誌などが行う顧客満足度調査で軒並みベストテン入りしている。
なぜだろう?
だいたい金融機関のように横並び意識が強い業界で、サービスで抜きん出るとはどういうことかを検証してみたいと考えた。
まずネットを開く。
表参道ヒルズなど人の集まりそうなところに支店がある。
また土曜日にも営業して資産運用相談にも応じていることなどを知る。
さらにATMの利用は24時間365日手数料無料とある。またセブンイレブンの店舗や郵便局のATMから預金を引き下ろしても手数料無料だから、新生銀行自体の店舗数は少なくても、私のように全国を走り回る人間には便利であることがわかった。

わが家からもっとも便利そうな横浜支店に出掛けた。
駅近くのこの店舗はなんとスターバックスの店が一階に入り、銀行の窓口とコーヒー店が中で繋がっている。
受付の私服の女性に、口座をつくってみたいけれど印鑑を持ってきていないと言うと「免許証などがあればサインだけでいい」と言われた。
そこからが早い。
「しばらくお待ちください」と言われたのに、しばらくどころか10秒もしないうちに別の女性に「それではこちらへどうぞ」とパソコンの前に誘われた。
自分の名前や住所など基本情報を自ら入力するのだが、もし操作ができなければ付き添う彼女がたすけてくれる。入力の際、発行するカードを20種類以上の色から選べるのも面白い。

入力が終わり、待つこと5分あまり。
「お待たせしました」と彼女が、私が指定した色のカードに私の名前を入れたものを持ってきた。
もう一度今度は暗証番号をパソコンに入力して全ての手続きは終わった。
「通帳はありません。取引情報を郵送しますので綴じてください」と、カードとともにフラットファイルが渡された。
この間入店から退店まで10分。
スターバックスで一休みし帰路セブンイレブンで早速入金をテストした。
まだ口座をつくったばかりだからサービスの本質について語るのはもう少し先にしたいが、これまでどの銀行でも体験したことのないスピーディーな「取引開始」であった。

|