« March 2007 | トップページ | May 2007 »

『ABBA GOLD』

スゥエーデンが生んだ世界的な人気グループABBAが解散してから久しい。
あの感動を今一度と、ABBAを演じる歌手でクループが作られこのほど日本公演が行われた。
まあ はっきり言ってモノマネだからどのくらいのものかと半信半疑で会場の東京 国際フォーラムに行った。
会場は三階席まで満杯。しかも中高年の男性が多いのは意外だった。
「ハニー、ハニー」「マネー、マネー、マネー」「ダンシングクィーン」といったヒットソングを四人の「ABBA」が歌い踊るのだが、会場はおじさんたちみんな総だちで大盛上がりだった。
「マネー、マネー、マネー」では天井から札束がふってきたり、風船やらテープが飛び交う様は、この年齢層では考えられないことだった。
本物の「ABBA」が帰ってくればもっと盛り上がるのは間違いないことだ。
いまやそれはかなわない。
しかし青春時代に口ずさんだあのヒットソングをみんなで歌って騒ぎたいという同世代の欲求なのエネルギーが爆発したイベントだった。

これは「ABBA」に限らない。
これからの中高年マーケティングに、「楽しかった時間の商品化」という視点は欠かせない。

|

『ミッドランドスクエア』

070409_125857名古屋駅前にトヨタ自動車などのオフィスが入る超高層ビルができ、低層階にミッドランドスクエアというショッピング街ができて連日多くの人を集めている。
これまで名古屋の人たちの買い物習慣と言えば名古屋駅から地下鉄で二駅の栄地区に行くことであった。
それが大きく変わる兆候を見せ始めたのが、名古屋駅にツインタワービルができ、ここに入った高島屋が若い消費者に圧倒的な支持を集めたことだった。年配者や法人外商は相変わらず栄の老舗百貨店が強いが、個人の若い層ほど新しい高島屋を支持した。
今回ミッドランドスクエアには年間1000万人の人々を集めることを目標に59店舗が入居した。
現在は物珍しさでこのビルとはもともと関係なさそうな中高年女性が大挙して押し寄せてはいるが、まもなくこうしたブームは収束する。
このビルをはじめ次々と建設されるオフィスビルに勤務するキャリアOLを取り込めるかが本当の勝負ということになる。

|

『なばなの里』

070410_124243070410_121112名古屋駅からバスで40分ほど、長良川と木曽川が合流するあたり、三重県桑名市にある長島のテーマパーク「なばなの里」は、いまあらゆる花が満開、一年でもっとも観光客を集める時期を迎えている。
平日の昼間も混んでいるが、やはり顧客の年齢層は相当高い。
この施設はそれを意識して園内ほとんどが段差のないつくりになっている。車椅子でも自由に花を鑑賞できるのは他の施設にも参考になるだろう。
園内には池とそれを取り巻く花広場の中に和洋中取り混ぜたレストランやビール園、日帰り温泉浴場までが配され一日過ごすことができるように施設が作られている。
中でも必見は「ベゴニアガーデン」で、色鮮やかなベゴニア種の花が、あるものは天井から下がり、またあるものは鉢植えで大輪を咲かせるものなど、圧倒的な迫力で迫ってくる。
もし東京ならどれだけの人がおしよせたろうかと思うすばらしい施設だが、混んでるとは言っても東京の感覚ではないからゆったりと花を楽しめるところで、一見の価値がある。

|

『てつのくじら館』

070405_153650広島県呉市に4月5日、海上自衛隊資料館がオープン、賑わっている。
なにしろ呉駅直結のショッピングセンター「ゆめタウン」と2年間で280満人を集めた人気の「戦艦大和ミュージアム」と並んでいるという立地のよさ、そこに大きな旅客機にも相当する長さ70m、ビルの5階の高さに相当する本物の潜水艦が設置され、しかも中に実際に入れるのである。

この潜水艦「あきしお」は対潜水艦作戦に従事し、2004年に退役した。
それを見学用に整備して地上に置いた。
映画のヒット以来「戦艦大和ミュージアム」が牽引して昨年呉を訪れる観光客は250万人あまりと増えているだけに、「てつのくじら館」と名付けたこの潜水艦も市の浮上に一役買いそうだ。

|