« 『丸の内パークビル』 | トップページ | 『鳩山会館』 »

『ららぽーと新三郷』

090916_112557JR武蔵野線「新三郷」駅直結、常磐自動車道三郷インター至近という好立地に「ららぽーと新三郷」がオープンした。
敷地面積85000平方メートル、店舗面積59400平方メートル、店舗数178店でイトーヨーカ堂、ニトリ、H&M、ZARA、ユニクロ、アカチャンホンポなどのほか、ボウリングやカラオケなどさまざまなエンターテイメントがそろった「ラウンドワンスタジアム」、「きかんしゃトーマス」の屋内型テーマパーク「トーマスタウン」、「よしもと遊べる水族館」なども入り、これまでのショッピングセンターとひと味違う構成を意識している。
わずか2駅しか離れていないところに、昨年オープンしたばかりの日本一のスケールを誇る「イオン越谷レイクタウン」があるだけに競合が懸念されるが、私が見る限りショッピングセンター同士はうまく棲みわけてはいるものの、個店レベルでは同じショッピングセンター内にライバルを抱えており勝ち負けがはっきりでるかもしれない。
例えば「ニトリ」は隣接する「IKEA」と競うことになる。
「イトーヨーカ堂」はやはり隣り合わせの「コストコ」と厳しい価格のせめぎあいをしなければならない。
アパレルにいたってはもう競合店同士がズラリと並ぶ。
そうした中で私が注目するのは京王百貨店だ。
決して広い店ではないが、電鉄系百貨店が全く土地勘のないところにショッピングセンター初出店した。
京王百貨店は中高年婦人に圧倒的な強味をもつ。
ショッピングセンターは店はたくさんあっても、若い人やファミリーの品揃えが中心だから、あえて百貨店の中でも京王百貨店が入った意味は大きい。
得意な分野に特化すれば異彩を放つかもしれない。

090916_124940_3090916_122826

|