« 『トレンディスポット 池袋』 | トップページ | 『浅草寺から見える新タワー』 »

『主婦の感性で顧客志向の梅干しつくり』

和歌山県の南端白浜空港に降りると東京とはだいぶ気温が違うことを実感する。
ここを訪ねるなら間違いなく2月がいい。
日本全国まだ寒さの中なのに、ここだけは確実に春を先取りした実感に浸れるからだ。
何しろ満開の梅、ウメ、また、うめ、である。
和歌山県みなべ町は全国に知られる梅の町だ。
梅干し専業メーカーの「丸竹」は創業は明治にさかのぼる。
社名になっている丸山竹次郎が創業した。
4代目の山縣久美子さんが社長に就任した平成14年以来、従業員もすべて女性だけという地元でも珍しい会社になった。
「食料品だから主婦の感覚がいちばん大切だと思います。スタッフがみんなであれこれ意見を出し合いお客様にお料理をお出しし、おもてなしをさせて頂く思いで商品に仕立てあげることが当社の強味だと思います。丸竹から生まれた「かぐやひめ」ならぬ「梅むすめ」がキャッチフレーズです」と山縣社長は笑う。

梅干し業界は中国製の低価格商品の流入で厳しい戦いを強いられている。
そうした中にあって丸竹は高級品で勝負するしか生き残れないと考えてきた。
厳選した梅を契約農家から買い付け、秘伝の調味液に漬けて熟成させる。
自然の塩漬けの味の白干しをベースに、かつおやシソなど六種類の味の梅干しを出荷している。
「最近は蜂蜜を入れて漬け込んだ甘い梅が大きく伸びています。ご飯のおかずとしてではなく、お茶受けのお菓子感覚で召し上がる方が多くなったということだと思います。となればスーパーの漬物売り場に頼る販路を変える努力も必要になってきます」
実際、丸竹は大手が強いスーパーなどは避けて贈答市場に力を入れている。
プライベートブランド商品や中国産商品などとすみわけることこそ、小さなメーカーの生き残り策と心得ている。
「大企業だったら市場の縮小は大問題ですが、小さな会社が生き残れないと嘆くほどうちがこれまで高いシェアをとっていたわけではないんです。アイデアと商品の確かさ、こだわりを伝えられればうちが伸びるくらいのすき間はいくらでもあります」と山縣社長は語る。
「梅むすめ」たちが主婦の目線で繰り出すアイデアが成長のカギを握る。

|