« February 2010 | トップページ

2010.03.23

3月21日(日)

100320_095203100320_110920_2100320_111949_2早春の信濃路を各駅停車に乗って抜けた。
山々はまだ雪を抱くが陽光の明るさはすっかり春。
田畑からは雪が消え、さあ仕事も近いぞと起き出した雰囲気が醸し出されている。
この季節ののんびりとした風を感じながらの汽車旅は昔から大好きだ。
松本から糸魚川まで山々を楽しみ、日本海側に出てからは春の海を愛でながら金沢まで行く。
最初の各駅停車の乗り換え駅「南小谷(みなみおたり)」駅が大混雑だった。
「キハ52型車両さよならイベント」に全国から集まった撮り鉄(とりてつ)ファンが記念グッズに長蛇の列、そしてカメラの放列だったのである。
私は鉄道マニアで旧国鉄全線完乗してはいるが、車両には全く関心がない「時刻表派」だからここを通り掛かったのも偶然だが、撮り鉄マニアは全国から「クルマに乗って」駆け付けてきたようだ。
鉄道ファンは流派がちがうとお互いをけなしあう。
「時刻表派」は乗ってこそ鉄道だと思うが、「撮り鉄」は写真が撮れれば見るだけでもいいようだ。
私など一枚の写真にもこだわらないからこれが全く理解できない。
だいたい「キハ52」がなくなると騒いでなんの意味があるのかである。
地元の人が長年乗った車両がなくなるから寂しいというならまだわかるが、日頃乗ったこともない人がわざわざ撮影しにくる意味は理解できない。こんなブログを読んだだけでまた怒り狂う「撮り鉄」がまた理解できない。
彼らは鉄道をマスコットとしてしか理解できないから、線路に立ち入りダイヤを乱してもあまり罪の意識がない。日頃乗らないのだからそれはそうだろう。
「ダイヤ通り」動いてこそ鉄道だと思う「時刻表派」からは許せないことなのだ。

100320_110630100320_111644100320_111749

|

2010.03.15

3月13日(土)

午前中、サイト「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」の打ち合わせ。
午後から元気塾。
今日は後半「あんたが主役」をやった。
グループに分かれて主役がまず自社をプレゼンテーション。そのあと班長がグループ討論をとりしきり、主役企業の売上を3年で3倍にするにはどうしたらよいか話し合う。
その上で別の発表者がグループの討議内容を全員に発表するというものだ。
これにより まず会員相互が事業内容を知ることになる。
また主役は解りやすい説明をする練習になる。
班長は意見とりまとめの技法を学び、さらに発表者もプレゼンテーションの訓練をする。
元気塾ではこれをメンバーを入れ替えながら繰り返しているが、会員の話す力は格段に向上し、営業に役立っている。

|

3月12日(金)

100312_115003山形に向かう。
昼ご飯は山形の蕎麦と決めて朝から出かける。
快晴。
福島の信夫山に雪はない。

100312_131307NHK初任地。
この山の裏に住んでいた。
山形駅から歩いて10分、庄司屋は地元の名店。
七段割子を軽く平らげた。

100312_132452 講演は仙台や東京への「上り志向」に対してどう下らせるか、集客ソフトの大切さを説いた。
懇親会では地元経済界が育てた山形舞子が披露された。
6人の女性が舞子として日頃から芸を磨いており、地元経営者がお座敷に呼ぶようにしているという。
これも「集客ソフト」の作り方である。

100312_173436100312_174013

|

2010.03.12

3月11日(木)

朝から講演のハシゴにカメラロケ、帰ってから夜まで原稿書き。
18時間働いている勘定だ。
明日は早朝から山形。
貧乏暇なしである。

|

2010.03.11

3月10日(水)

前夜の雪は雨に消され、心配された朝の混乱はなかった。
今日は大阪日帰り、明日は朝食会「朝いちばん」に「コスモス会」、あさっては山形日帰り、土曜日は「元気塾」、日曜日は「平成市場拡大委員会」とスケジュールがタイトだから天候の影響からは免れたい。

大阪では、ネジの物流問屋として急成長した「 サンコーインダストリー」の撮影と社内講演会を行った。
なかなかうまいビジネスを考えた企業である。
詳しくは4月スタートの新しいサイト「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」で伝える。

|

2010.03.10

3月9日(火)

冷たい雨の中、都内講演に走り回る。
まだ風邪が抜けず勘が戻らない。
例えば体内時計。
講演1時間半は時計など見なくても調子のよい時は1分と狂わず終わらせられるのだが、今日は全く時間がわからなかった。
声が出にくいので必要以上にエネルギーを使い、身体の疲労度から残り時間を測れないようだ。
熱などはなくても微妙な体調の狂いがなくなるまでにはしばらく時間がかかりそうだ。

|

2010.03.09

3月8日(月)

久しぶりの太陽。
しかしまだ風は冷たい。
「平成市場拡大委員会」と「大江戸歴史とぐるめ倶楽部」の下見に走り回る。
まるまる一日半寝て暮らしたので、体調はだいぶ回復してきた。
新三郷のららぽーとと王子の飛鳥山を下調べした。
飛鳥山は江戸時代の桜の名所、吉宗の時代に賑わったそうだ。
花見の下見だったがまだまだ寒かった。

|

2010.03.08

3月6日(土)

雨の中 浜松へ。
九州から北海道への転戦で風邪をひいたらしい。
熱はないが体がだるく鼻声だ。
無理せず講演終えたら急ぎ戻って寝るにかぎる。

|

2010.03.05

3月5日(金)

昨夜は強い雨だったが、今日は朝から晴れ上がった。
本日は今年もっとも変貌する街、武蔵小杉での講演。
まもなく横須賀線、湘南新宿ライン、成田エクスプレスが停車する新駅ができ、利便性が一気に増す。
工場跡地に巨大マンション群も登場し、街は一変する。
新駅開業まで10日を切った街での講演は実にタイムリーだ。

100305_144357_6100305_143819_7

|

2010.03.04

3月3日(水)

100302_202658_2函館のロケをして、長万部町の関係者に会い、まちおこしのアドバイスをして夕方の飛行機で東京へ。
明日は久しぶりの東京だ。
旅が続き、いささか疲労気味。
帰心矢の如しである。

|

2010.03.02

3月2日(火)

100302_153324昨日までの九州シリーズに続き、本日からは北海道シリーズである。
身支度を整え函館へ。
快晴だが街には雪が残りまだ寒かった。
サイトのロケで観光地を回る。
まだまだ観光客は少ない。
人口減少、シャッター通り函館も活性化を模索している。

|

2010.03.01

3月1日(月)

まだ九州に留まり、企業取材を続けている。
暖房いらずコートなしで、セーター1枚で昼は街を歩ける。
すっかり春の雰囲気だ。
昨日日曜日はテレビラジオは一斉に津波警戒モードとなり、なんとなく落ち着かない一日だった。
幸い大きな被害はでなかったが、地球の反対側の地震の余波が一日遅れでやってくるのだからいかに自然の力が大きいか思い知らされる。
日々のニュースを見ていると世界で大きな地震が頻発しているという印象を受けるが、以前なら遠い国で大きな災害が発生しても生々しい映像など瞬時に見ることなどできなかったことも忘れてはならない。
テレビやインターネットの発達で地球上の災害がすぐに伝わる。
かつてチリ地震津波で三陸に大被害が出たが、津波が来ることを伝える手段があれば被害はもっと少なかったにちがいない。
現代は津波よりも先に情報が伝わり、避難も落ち着いてできるようになった。
結果的に日本での被害は少なかったが、それは自然災害に立ち向かう我々の知恵の成果もあってのことだと理解したい。

|

2月26日(金)

九州企業塾に新しく入った企業の取材に出かけた。
大川でひときわ元気のいい関家具だ。
住宅不況、造り付け家具の普及、さらには輸入の格安家具チェーンの成長でこの業界は暗い話が多いが、その中でもちゃんと勝っている企業はある。
しかも当たり前のことを当たり前にやった成果で、取り立てて特別なことをしたわけではないというところが印象的だった。

|