« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

『なんだホラだったのか』

多くの国民はそう思っているにちがいない。
脱税総理のことだ。
缶コーヒーのコマーシャルじゃないが、この宇宙人には「この星には、李下に冠をたださずという、為政者に求められる倫理がある」ことがわからないらしい。
ママから9億円もらって気がつかないような人に、庶民の暮らしを語る資格はない。
二人の政治家の息子だけでなく、無職の娘にも小遣いをやっていたのだから完全な贈与税逃れだ。
上申書出せば取り調べさえ免れるなんて、ふざけるなと言いたい。
為政者だったら疑われること自体が恥なのだ。
肝心の政治のほうもひどい。ひど過ぎる。
暫定税率は「暫定的に」残します、子供手当は所得制限をやはり行います、などといまさら言うな、と言いたい。
財源不足など政権に就く前からわかっていたじゃないか。
「財源はいくらでもあります」などとよくもほざいたな。
「仕分け作業」という「テレビ局と財務省の共同演出」で、たったの7000億円弱しか確保できなかったなんて言い訳は聞き飽きた。
あれだけ自民党批判していたくせに天下りの郵政社長に、ばらまきと批判していたエコポイントなどは残します。
国民に事前に詳細も知らせず25パーセントCO2削減を言い出したり、アメリカ大統領に「俺を信じてくれ」と言いながら裏切ったり。
だいたい「結論をださないことを決定しました」なんて馬鹿にすんなと言われて当然だ。

政局は動き出した。
誰も脱税総理を信じていない。
年内か年明けか。
歴史に残る短命政権だった。

|

『NHKの優柔不断』

「脳科学者」という肩書がそもそも胡散臭いと思わないだろうか?
  忙しいから税金納めませんでしたという「茂木某」の発想は、「おまえの脳の中こそ先に見てみろ」といいたくなるほど非常識だ。
謝罪文をホームページに掲載したら許してもらえる、と考えるNHKの脳の構造も解明してほしい。
さらに苦情が800件来たから降板させるという決断も優柔不断で呆れる。
しかも責任とらせるならすぐに辞めさせるというのが普通だろうに、来年3月の番組改編までは現行通り続投なんて、あるわけないだろう。
これで「批判に応えた」というNHKの脳の構造は理解できない。
役所より役所的な組織らしい決断に感動さえ覚える。

|

『総理は見られている』

鳩山さん。
お母さんからの「子供手当?」をたくさん頂いて、お礼も言わなかったのですか。
私はこれまで、貧しかった自分の親からこずかいなんてもらった記憶がありません。
こちらから渡すことばかり。
母は「すまないねえいつも」と言いながら、これまで私からもらったお金を全て日記に書き残しているようです。
我が家と鳩山家では比べようもありませんが、どんなに資産家であっても、何億円も親から手当てをもらってありがとうの一言も言わないほど、あなたは常識のない人なのですか。
人間の道にはずれた人が、なにが「友愛」ですか。

さてそれはさておき、親からもらった認識があれば政治資金規制法にひっかかり、それは政治生命にかかわるから、知らなかったで通して、そのかわり贈与税の追徴課税くらいは仕方ないか、と幕引きを考えたわけですね。
野党の弟まで巻き込めば追及の手も弱まるとか、お母さんは入院手術ということにすれば検察の事情聴取も避けられるとか、国連で大見え切ったころとはうってかわった姑息さが、まあ可愛いというか。
でも1億円以上の申告漏れなんて普通は脱税と言うんです。
一般人なら逮捕ですよ。
あなたは汚い金じゃない、所詮は鳩山家の金なんだ、とどこかで思っている。
しかしあなたは最高権力者で、国民に納税を強いる立場の人なんですから、一般の人以上に自己を厳しく律しなければならないんです。
代々つづく名門の政治家一族なのに、そういうリーダーとしての心得は相続していないのですか。
金の相続も羨ましいですが、批判されているにもかかわらず、あえて世襲した政治家という職業ならば、そうした倫理観をもっとも世襲してもらいたいのですがねえ。

|