« 『民主党に民主主義を語る資格はない』 | トップページ | 『渋沢栄一に学ぶ資本主義の論理』 »

『御自身の賞味期限を自覚下さい』

離党、新党だそうである。
しかし新鮮味がないのはなぜだろうか。
まず役者が古すぎる。賞味期限切れの過去のしがらみを背負った人がいまさら何をやりたいのか、と観客は冷ややかだ。
そもそもこの国をどうしたいという理念を先に示すことが先だ。
これまでの信条がバラバラの人たちが人数集めだけで動いても、永田町の学芸会で終わってしまう。
選挙前のマニフェストと同じように、掲げる旗をまずはっきりとさせなければダメだ。
日本をこう再生すると宣言し、その旗のもとに結集するというのが筋だと思う。

|