« 『渋沢栄一に学ぶ資本主義の論理』 | トップページ | 『ゴールデンウィークは禁句』 »

『信なくして何が新党』

横浜市民にとって「嘘つきは政治家の始まり」と子供達に教える反面教師が中田宏前市長だ。
昨年の開国博の大失敗の責任もとらず、予想入場者の半数にも満たない惨状が明らかになった昨年夏突然辞職、秋以降議会の追及が始まり、参考人招致に対して多忙を理由に拒否し、市民に説明責任を果たさないでいる男が、何が新党だ。
新党を作る暇があるなら、公職時代の説明責任を果たすのが先ではないか。
そんな男がいまの政治は信用ならないから新党だって?
ちゃんちゃらおかしい。
国の税金の使い道を正すだって?
みそ汁で顔洗って出直してこい。
政府は説明責任果たせ、だって?
あんたに言われたくないと脱税総理は言い返すだろう。
杉並区長さん。
いくら松下政経塾以来のお友達でも筋が悪すぎる。
友達ならまず彼に横浜市民に対する責任を果たせ、と忠告すべきでしょう。
幸之助さんの嘆きが聞こえる。

|